Fandom


これは、さつき氏の作ったAnimationである。

n分の1拡大編集

2次ベジェ曲線編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
制御X-100010000
制御Y-10001000-100
制御Z-100010000
Dialog
補助線表示 ON
補助線色0xff0000

オブジェクトの任意の移動区間を、曲線に動かすことが出来ます。制御点の位置によって動き方の曲線が変わります。

※必ず、[メディアオブジェクトの追加→フィルタ効果の追加→アニメーション効果]で、オブジェクトの下のレイヤーに配置して使用して下さい。画像の座標を移動させると、任意の区間(フィルタの範囲)の移動をベジェ曲線に沿った移動にします。レイヤーに配置するので、時間軸に沿って横に並べれば、複数追加することが出来ます。

◇制御X,制御Y,制御Z編集

制御点の座標を指定します。制御点の位置によって、ベジェ曲線の形が変わります。

◇補助線表示編集

チェックすると補助線が表示されます。

◇補助線色編集

補助線の色を変更することが出来ます。

3次ベジェ曲線編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
始制X-5005000
始制Y-500500-100
終制X-5005000
終制Y-500500-100
Dialog
始制Z0
終制Z0
補助線表示 ON
制御点色0xff0000

制御点が2つになり、より複雑な曲線を描くことが出来ます。

◇始制X,始制Y,終制X,終制Y編集

始点の制御点と終点の制御点の座標を指定します。

◇始制Z,終制Z編集

制御点のZ軸座標を指定します。

◇補助線表示編集

チェックすると補助線が表示されます。

◇制御点色編集

補助線の色を変更することが出来ます。

グループ制御もどき(親、子)編集

色ずれ分解編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
RGB0201
濃さ[%]0300300

画像をRGBの要素に分解し、一つの要素だけを表示します。

  • R、G、Bの3つのオブジェクトを用意し、Rの画像にGとBの画像を加算合成すると、分解前の画像と同じになります。

◇R,G,B編集

R,G,Bの各色を選択します。

  • 0=赤、1=緑、2=青

◇濃さ[%]編集

オブジェクトの透明度を指定します。

  • 100%にすると「色ずれ」フィルタで分解した時と同じ透明度になります。

ランダム複数回転編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
個数15051
回転速度0800100
回転範囲0800100
拡大範囲0100100

画像等を同じ位置で複数回転させます。

「回転速度」は全体の回転速度、「回転範囲」はランダムに回転する速度の範囲です。
  • 画像でやると気持ち悪い感じになりますが、「図形」などに適用するとカッコよくなります。

◇個数編集

描画する個数を指定します。

◇回転速度編集

回転する速度を指定します。

◇回転範囲編集

回転の速さをランダムにします。

◇拡大範囲編集

オブジェクトの拡大率をランダムにします。

  • 数値は最小値を表します。例えば20と設定すると、20%~100%の間でランダムとなります。

円形並べ編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
個数010061
距離02000200
拡大率0800100
回転-7207200
外向き
※トラックはレイヤーAのみ

異なる画像を円形に並べます。並べたい画像のうち、一番上のレイヤーに配置した画像に「円形並べ_レイヤーA」を適用してください。そのほかの画像を、その下の画像に順に並べ「円形並べ_レイヤーB」を適用すると、うまく円形に並べることができます。半径の調整、拡大、回転が可能。

  • Aが親となり、Aの画像を動かすと全体も移動します。
  • 「基本効果」の「回転」と「グループ制御」オブジェクトを組み合わせれば、それぞれのオブジェクト自体も回転させたりも出来ます。

◇個数編集

円形に並べる画像の数を指定します。

◇距離編集

円の半径を指定します。

◇拡大率編集

円全体の拡大率を指定します。

◇回転編集

円全体を回転させます。

◇外向き編集

チェックすると円形の方向を外向きにします。

円形-カメラ編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
個数010061
距離-2000020000500
拡大率0800100
回転-7207200
※トラックはレイヤーAのみ

異なる画像を円形に立体的に並べます。カメラ制御用です。使い方は↑と同様。

  • これについても同じように、「基本効果」の「回転」と「グループ制御」オブジェクトの組み合わせで同じようにできます。

◇個数編集

円形に並べる画像の数を指定します。

◇距離編集

円の半径を指定します。

◇拡大率編集

円全体の拡大率を指定します。

◇回転編集

円全体を回転させます。

カメラ深度ぼけPlus編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
範囲01000501
Z基準-20000200000
最大値010003001
Dialog
奥をぼかす ON
手前をぼかす ON

Z軸の位置に応じてぼかしフィルタがかかります。

◇範囲編集

ぼかしの強さを指定します。

◇Z基準編集

ぼかす基準座標を設定します。この基準と同じ位置にある画像は、ぼかしの強さ=0となります。

  • 基準から離れるほど、強くぼかしフィルタがかかります。

◇最大値編集

ぼかしの範囲の最大値を設定します。

◇奥をぼかす編集

チェックするとZ基準より奥にあるものに、ぼかしフィルタがかかります。

◇手前をぼかす編集

チェックするとZ基準より手前にあるものに、ぼかしフィルタがかかります。

ハーフトーン風編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
サイズ520050
size閾値010050
透明閾値010050
回転-7207200
Dialog
図形(種類)"円" (図形)
色(負の値で元色)0xffffff
反転 OFF
サイズ二値化 OFF
透明二値化 OFF
個別拡大[%]00
文字 OFF
文字(文字)"+"
文字(font)"MS UI Gothic"

画像の輝度に基づいて、図形やテキストを配置します。サイズを小さくすると重くなるので注意。

  • ドット自体を大きくしたり、色を変えたりも出来ます。
  • ドットを「四角形」にしたり、「星形」にしたりも出来ます。

◇サイズ編集

配置する図形のサイズを指定します。小さな値だと非常に重くなるので注意が必要です。

◇回転編集

個別の図形等を回転させます。

◇図形(種類)編集

配置する図形の種類を指定します。

◇色(負の値で元色)編集

配置する図形の色を指定します。負の値に設定すると、元画像の色を取得します。

◇反転編集

チェックすると図形を配置する位置を反転します。

◇サイズ二値化編集

チェックしていない場合は、元画像の輝度に応じて図形のサイズが異なりますが、チェックすると、図形のサイズが均一となります。

◇size閾値編集

「サイズ二値化」にチェックした場合に有効な項目です。図形を表示する割合を指定します。

◇透明二値化編集

チェックしていない場合は、元画像の透明度に応じて図形の透明度が異なりますが、チェックすると、図形の透明度が均一となります。

◇透明閾値編集

「透明二値化」にチェックした場合に有効な項目です。図形を表示する割合を指定します。

◇個別拡大[%]編集

配置した個別の図形の拡大率を変更します。

◇文字編集

チェックすると図形ではなく文字を配置します。

◇文字(文字)編集

文字の内容を入力して下さい。基本的に全角一文字のみ。

◇文字(font)編集

文字のフォントを指定します。

ハチの巣編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
X間隔-10001000100
Y間隔-10001000100
X個数110051
Y個数110031

図形(六角形)に適用して下さい。ライン幅を小さくすると、ハチの巣模様になります。カメラ制御で使用すると、境目がなくなります。他の図形に適用して遊んでもいいかもしれません。

※「画像ループ2」効果で「XY軸段違い」にチェックを入れて、「X間隔」と「Y間隔」を調整すれば全く同じことが出来ます。

◇X間隔,Y間隔編集

各軸方向の間隔を指定します。

◇X個数,Y個数編集

各軸方向の個数を指定します。

移動トレース編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
個数1500101
時間差[s]030.10.01
終時間[s]03000.01

オブジェクトをトラックバーで移動させると、その後を追って同じ画像が追跡します。(スクリプトでの移動には対応していません)

◇個数編集

描画する画像の数を指定します。

◇時間差[s]編集

次の画像が描画される時間間隔(秒)を指定します。

◇終時間[s]編集

最初の画像が(総時間-終時間)に達すると非表示になります。画像が最後の方で順番に消えていくように設定したい場合に使用します。

カクカクさん編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
間隔[s]050.50.01

移動をカクカクさせます。

  • 「指定した時間毎に動きが更新される」みたいな感じです。

◇間隔[s]編集

カクカクさせる時間間隔(秒)を指定します。

透明度ランダム変化編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
X間隔-10001000100
Y間隔-10001000100
X個数110051
Y個数110031
Dialog
間隔[s]0.5
透明最小値[%]0

画像を、画像ループのように配置し、一定時間ごとに各画像の透明度をランダムに変化させます。

◇X間隔,Y間隔編集

各軸方向の間隔を指定します。

◇X個数,Y個数編集

各軸方向の画像の数を指定します。

◇間隔[s]編集

透明度を変化させる時間間隔を指定します。

◇透明最小値[%]編集

数値は透明度の最小値を表します。例えば20と設定すると、20%~100%の間でランダムとなります。

ランダム明滅編集

ランダム明滅2編集

ループANM編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
ループ[s]02010.01
待機[s]0200.20.01
拡大+%-10080050
縦横比-1001000
Dialog
X0
Y0
Z0
X軸回転0
Y軸回転0
Z軸回転0
開始位置[s]0
待機2回 OFF

簡単なアニメーションをループします。

◇ループ[s]編集

1回のループする時間を指定します。

◇待機[s]編集

ループ時間中の待機する秒数を指定します。

  • 「ループ[s]」の項目より小さな値を指定して下さい。

◇拡大+%編集

アニメーションする拡大率を指定します。

◇縦横比編集

アニメーションする縦横比を指定します。

◇X,Y,Z編集

アニメーションする移動距離をX,Y,Z軸ごとに指定します。

◇X軸回転,Y軸回転,Z軸回転編集

アニメーションする回転角度をX,Y,Z軸ごとに指定します。

◇開始位置[s]編集

アニメーションを開始する秒数を指定します。

  • 例えば、開始位置=2と設定すると、オブジェクトの2秒からアニメーションを開始します。
  • 複数のANM効果の重ねがけが可能なので、開始時間をズラすと、少し複雑なアニメーションも可能になります。
中間点を駆使しまくらなければならない処理が、1発で実現出来たりします。

◇待機2回編集

チェックすると、アニメーションの始点と中間点で停止します。

  • 「アニメーションの前半→待機→アニメーションの後半→待機」という動きを繰り返します。

TVオンオフ編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間-55-10.01
走査幅11002
縁調整%100800110
影速度-10001000100
Dialog
縁あり ON
縁アス比 ON
走査線あり ON
走査線強さ[%]50
走査線色0x000000
影あり ON
影の幅80
白線の幅2

ブラウン管TVをON・OFFしたような感じの効果です。

◇時間編集

登場する時間を指定します。マイナスで退場します。

◇縁あり編集

チェックすると、周囲を縁取る影が表示されます。

◇縁調整[%]編集

画像の周囲を丸く囲んで表示される影の大きさを調整します。

◇縁アス比編集

  • チェックしない場合は、円状の影となります。
  • チェックした場合は、適用した画像等の縦横比にあわせた楕円状の影となります。

◇走査線あり編集

チェックすると走査線が表示されます。

◇走査幅編集

走査線の幅を指定します。

◇走査線強さ編集

走査線の透明度を指定します。

◇走査線色編集

走査線の色を指定します。

◇影あり編集

チェックすると、横線の上下に移動する黒い影が表示されます。

◇影速度編集

影の移動速度を指定します。

◇影の幅編集

影の幅を指定します。

◇白線の幅編集

登場の最初または退場の最後に表示される、白線の幅を指定します。

編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
羽ばたき0500100
角度0180120
上下020030
羽(手動)-7207200

蝶の羽を羽ばたかせます。蝶の平面素材で、画像の中心が蝶の真ん中にくるように画像を用意。カメラ制御でないと正しく表示されません。

◇羽ばたき編集

羽ばたきの速さを指定します。

◇角度編集

上下の羽ばたきの角度を指定します。

◇上下編集

画像全体を上下に動かします。その移動距離を指定。

◇羽(手動)編集

トラックバーで手動で羽ばたきを動かします。

カード表裏編集

ランダム配置表裏編集

パーティクル表裏編集

切れ込み編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
深さ150060
角度調整-36036010
切込数25081

「図形」等に適用して下さい。円に切れ込みが入った感じの図形や、星型多角形っぽいものが出来ます。

◇深さ編集

切れ込みの深さを指定します。

◇角度調整編集

切れ込みの斜め方向の角度を指定します。

◇切込数編集

切れ込みの数を指定します。2の倍数で設定させます。

もっと!?斜めクリッピング編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
個数010081
01000101
角度-7207200
Dialog
中心X0
中心Y0

斜めクリッピングを複数追加します。図形(円)のライン幅を小さくしたものに追加するとよいかもしれません。

◇個数編集

斜めクリッピングの数を指定します。

◇幅編集

斜めクリッピングの幅を指定します。

◇角度編集

斜めクリッピング全体の角度を変更します。

◇中心X,中心Y編集

斜めクリッピングの中心座標を指定します。

斜めクリッピングEX編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
個数110031
02000201
増加範囲03000
乱数010001

複数の斜めクリッピングを、ランダムな角度で適用します。

◇個数編集

斜めクリッピングの数を指定します。

◇幅編集

斜めクリッピングの幅を指定します。

◇増加範囲[+%]編集

斜めクリッピングの幅をランダムに大きくします。

  • 例えば、増加範囲=150%と設定すると、100%~250%の範囲でランダムな幅となります。

◇乱数編集

ランダムに設定された結果を、別のランダム結果に変更します。

  • 数値は適当な整数を入力すればよいので、好みのランダム結果が表示されるようにいろいろ試すとよいかもしれません。
  • また、直線移動することでランダム結果を次々に切り換えることも出来ます。

引き伸ばし編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
伸度08000
幅[%]0.110010
基準[%]-1001000
中心[%]-1001000
Dialog
縦方向 OFF
幅部分を表示 OFF

画像の一部を、縦又は横方向に引き伸ばします。

◇伸度編集

引き伸ばす距離を指定します。

◇幅[%]編集

引き伸ばす元画像の幅を指定します。

◇基準[%]編集

引き伸ばす元画像の位置を指定します。

◇中心[%]編集

引き伸ばした際に固定する部分を指定します。

  • 100だと右(下)が固定され、+100だと左(上)が固定されます。

◇縦方向編集

チェックすると縦方向に引き伸ばされるようになります。

◇幅部分を表示編集

チェックすると引き伸ばす元画像部分を、透明度を下げて明示します。そのままだと幅の範囲が見えにくいので、チェックすると分かりやすいです。

ドット絵立体化編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
拡大率08000100
Z幅01000100

ドット絵を立体化します。カメラ制御用です。必ず、小さなドット絵の画像に適用して下さい。それでも重いです。

  • ドット絵画像に限らず、何でも立体化できるようですが、非常に重い効果なので、小さい画像にのみ使用した方が良いと思います。

◇拡大率編集

ドットの拡大率を指定します。

◇Z幅編集

Z軸方向の幅(厚み)を指定します。

画像ループMOV編集

動画がランダムな再生位置で配置されます。画像ループに似ていますが、ひとつの動画がいろいろな再生位置から再生されます。

適当な図形などのオブジェクトに[A]→[B]の順番でアニメーション効果を二つ追加して下さい。Bの[参照]ボタンから動画ファイルを読み込みます。

A編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
X間隔-10001000100
Y間隔-10001000100
X個数110031
Y個数110031
Dialog
XY軸段違い OFF

◇X,Y間隔編集

各画像間の間隔を、XY方向にそれぞれ指定します。

◇X,Y個数編集

各軸方向にループする回数を指定します。

◇XY軸段違い編集

XY軸平面上で段違いにループします。

B編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
再生速度0800100
再生位置030000.01

◇再生速度[%]編集

再生速度を指定します。

◇再生位置[s]編集

全体の再生位置をずらします。

◇参照編集

動画ファイルを読み込みます。各動画はランダムな再生位置から再生が開始されます。動画の最後になると、最初から再生をはじめループします。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。