Fandom


これは、さつき氏の作ったText Animationである。

共通の設定項目編集

だいたいのスクリプトが『個別オブジェクト』である前提で作られている。
また、登場系のスクリプトは基本的に重ねがけが可能なものが多いので、複数のスクリプトを重ねたり、登場用と退場用の2つのスクリプトを適用したりもできます・・・ってさつきさんが書いてました。

◇時間[s]編集

ひとつの文字が登場してくる時間を指定できます。

「フェード」とか「X距離」とか指定していない場合、値を変えても変化はありません。
一つのオブジェクトで登場&退出したい場合は、オブジェクトの真ん中あたりで、中間点をつけ、「瞬間移動」で「時間」をマイナスの値に変更すれば出来ます・・・ってさつきさんが書いてました。
  • +:登場
  • ー:退場

◇間隔[s]編集

1文字1文字が現れる間隔を指定できます。

設定ダイアログの「表示速度」を設定するのと同じ効果です。

◇拡大率編集

登場前・退場後の拡大率を指定できます。

◇登場順[0-5]編集

文字の登場順を指定できます。

  • 0=前から順番に登場
  • 1=後ろから順番に登場
  • 2=ランダムな順番で登場
  • 3=ランダムな間隔で登場
  • 4=内側の文字から登場
  • 5=外側の文字から登場

◇加減速[1-5]編集

減速して滑らかに登場(加速して滑らかに退場)させるようにします。

  • 減速度=1のときは減速移動なしで、数値が大きいほど減速度合いが強くなります。

◇フェード編集

チェックすると登場時にフェードします。

TA標準登場編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-550.30.01
間隔[s]050.30.01
拡大率01000100
登場順0501
Dialog
フェード OFF
X距離0
Y距離0
Z距離0
X軸回転0
Y軸回転0
Z軸回転0
加減速[1-5]2
タイプ OFF

普通な登場・退場ができる効果です。

◇X距離,Y距離,Z距離編集

登場してくるまでの距離をX,Y,Zでそれぞれ指定できます。

※AviUtlデフォルトのアニメーション効果の「画面外から登場」に少し似ています

◇X軸回転,Y軸回転,Z軸回転編集

登場する際のX,Y,Z軸回転の角度をそれぞれ指定できます。

◇タイプ編集

チェックすると、全体的に登場してくるようになります。「時間」と「間隔」の値をある程度大きくするとよいかもしれません。

TA指定順で登場編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-550.30.01
間隔[s]050.30.01
拡大率01000100
Dialog
順番(0-9文字目)"00010203040506070809"
順番(10-19文字目)"10111213141516171819"
順番(20-29文字目)"20212223242526272829"
フェード OFF
X距離0
Y距離0
Z距離0
X軸回転0
Y軸回転0
Z軸回転0
加減速[1-5]2

「TA標準登場」の、「登場させる文字の順番を自由に指定する事ができるバージョン」です。

◇順番(0-9文字目),順番(10-19文字目),順番(20-29文字目)編集

登場する順番を指定します。数値は、最初の2ケタが0文字目の順番、次の2ケタが1文字目の順番…という形になります。

  • 例えば、「あいうえお」というテキストの場合は次のようになります。0001020304=00(あ)01(い)02(う)03(え)04(お)
  • あ→い→う→え→お、の順だと:0001020304
  • う→お→あ→え→い、の順だと:0204000301
  • お→え=う=い→あ、の順だと:0201010100

「7文字目→8文字目→5文字目→6文字目→3文字目→4文字目→1文字目→2文字目」という順番にする場合、「順番(0-9文字目)」のテキストボックスの中に「08090607040502030001」と記入します。

※29文字以上の文字は指定できません。

その他の項目については「TA標準登場」と同じなので割愛。

TAぼかし登場編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-550.30.01
間隔[s]050.30.01
範囲0300101
登場順0501
Dialog
フェード OFF
縦横比(-100~100)0
拡大率150

「ぼかし」がかかりながら登場・退場させれます。

◇範囲編集

登場してくるぼかしの強さ(範囲)を指定します。

◇縦横比(-100~100)編集

ぼかしの方向(縦横比)を指定します。

TAぼかし登場2編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-550.30.01
間隔[s]050.30.01
範囲03001001
登場順0501
Dialog
横方向 OFF
拡大率400

縦長・横長に「ぼかし」がかかりながら登場・退場させれます。

※AviUtlデフォルトのアニメーション効果の「何処からともなく登場」に少し似ています

◇範囲編集

ぼかしの強さ(範囲)を指定します。

◇横方向編集

ぼかしの方向が横方向になります。

TAぼかし登場3編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-550.30.01
間隔[s]050.30.01
範囲0300101
登場順0501
Dialog
左から0

横方向から細長になってシュッと登場・退場させられます。

◇範囲編集

ぼかしの強さ(範囲)を指定します。

◇左から編集

チェックすると左方向から登場してくるようになります。

TA画面外登場編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-550.30.01
間隔[s]050.30.01
角度-3603600
登場順0501
Dialog
拡大率,s100

画面外からヒュッと登場・退場させる効果です

「TA標準登場」で「Y距離」を「-」指定した感じです。

◇角度編集

登場してくる方向を指定します。

TA拡大縮小で登場編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-550.30.01
間隔[s]050.30.01
拡大率01000300
登場順0501
Dialog
フェード OFF
X距離0
Y距離0
Z距離0
X軸回転0
Y軸回転0
Z軸回転0

拡大縮小させながら登場・退場させる効果です。

◇X距離,Y距離,Z距離編集

登場してくる距離をXYZ軸ごとに指定します。

◇X軸回転,Y軸回転,Z軸回転編集

登場してくる回転角を指定します。

TA拡大縮小で登場2編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-101020.01
間隔[s]020.20.01
拡大率01000500
回数11031
Dialog
X距離0
Y距離0
Z距離0
加減速[1-5]2
減衰[0-3]2

ランダムで拡大縮小させながら登場・退場させる効果です

拡大縮小の余韻みたいなのもあります。

◇拡大率編集

数値は最も大きく拡大した時の拡大率です。

◇回数編集

拡大縮小の回数を指定します。

◇X距離,Y距離,Z距離編集

登場してくる距離をXYZ軸ごとに指定します。

◇減衰[0-3]編集

拡大縮小を重ねるごとに、拡大の幅が小さくなっていきますが、この減衰率を指定します。

  • ゼロで減衰なしとなります。

TA分裂して登場編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-550.30.01
間隔[s]050.30.01
ぼかし020020
登場順0501
Dialog
横方向 OFF

縦方向・横方向から分裂した状態で登場・退場する効果です。

◇ぼかし編集

ぼかしの強さ(範囲)を指定します。

◇横方向編集

チェックすると横方向からの登場になります。

TA字間移動で登場編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-101030.01
字間率-10001000300
中心座標-100010000
加減速1521
Dialog
縦書き OFF
フェード OFF

字間を移動する効果です。

※AviUtlデフォルトのアニメーション効果「座標の拡大縮小(個別オブジェクト)」を駆使すれば同じようなことが出来ます。

◇字間率[%]編集

登場してくる字間を指定します。

◇中心座標編集

登場の基準となる中心座標を調整します。

◇縦書き編集

チェックすると縦書き(Y軸方向)の字間移動となります。

TA陰陽玉登場編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-101030.01
角度-720720360
加減速1521
Dialog
文字回転 ON

陰陽玉みたいな動きをする効果です。

◇角度編集

回転する角度を指定します。

◇文字回転編集

チェックすると、一文字毎に回転するようになります。

TAランダム文字で登場編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-550.30.01
間隔[s]050.30.01
文字間隔-50050034
拡大率0800100
Dialog
切替フレーム3
フェード OFF
Y軸0

文字がランダムに切り替わりながら登場・退場する効果です。AviUtlスクリプトwikiに高機能版を公開されているので、そちらも検討を。

◇文字間隔編集

字間を調整します。

◇切替フレーム編集

文字が切り替わる速さをフレーム数で指定します。

◇Y軸編集

登場してくるY軸方向の距離を指定します。

TA標準登場(行)編集

TAランダム配置(行)編集

TA横スクロール(行)編集

TA個別用の拡大回転編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
拡大率0800100
X軸回転-7207200
Y軸回転-7207200
Z軸回転-7207200

「個別オブジェクト」になっていると、「文字全体を拡大縮小」というのが出来なくなってしまいます。

そういう時、この効果を使う事で「文字全体を拡大縮小」を行う事が可能になります。ただし、複数の軸回転を組み合わせた場合は、正確な回転にならない場合があります。

◇X軸回転,Y軸回転,Z軸回転編集

各軸に沿って回転させます。

TA位置調整編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
散逸度0100100
Dialog
座標 {}

それぞれの文字のアンカーポイントをドラッグして、移動させる事ができる効果です。

散逸度を「100→0」に直線移動させれば、バラバラになった文字が1つに戻るみたいな表現が出来ます。

※テキストは16文字以下で使用して下さい。

◇散逸度[%]編集

散逸度をゼロにすると、テキストの位置が元の位置に戻ります。

◇座標編集

数値入力により、各テキストの座標を指定することもできます。

  • なお、マウスドラッグにより値が自動的に更新される項目なので、通常は調整する必要のない項目かもしれません。
  • また、Ctrlを押しながら各アンカーポイント(破線の円)をドラッグすると、元座標を動かさずに全体を移動できます。

TA位置(pos)関数、TA登場(pos2)関数編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
時間[s]-550.30.01
間隔[s]050.30.01
加減速1521
※トラックはTA登場(pos2)関数のみ

これ単体を追加しただけでは何も効果がありませんが、「スクリプト制御」エフェクトを追加する事で効果を発揮します。

  • TA位置(pos)関数:テキストの配置を一文字毎に指定する関数を定義
  • TA登場(pos)関数:テキストの登場方法を一文字毎に指定する関数を定義

それぞれの使い方は、

  • pos(index,X座標,Y座標[,Z座標,拡大率,不透明度,縦横比,X軸回転,Y軸回転,Z軸回転])
  • pos2(index,登場順[,X座標,Y座標,Z座標,拡大率,不透明度,縦横比,X軸回転,Y軸回転,Z軸回転])

こんな感じで使います。

自分で登場方法などを自作したい場合に使うと良いです。

◇説明編集

※[]内は省略可
  • 拡大率(1.0=等倍)、不透明度(0.0=透明/1.0=不透明)
  • 座標は初期位置からの座標を表します。

TAタイピングA、TAタイピングB編集

キーボードでタイピングしてるっぽく見せる効果です。 「TAタイピングA」と「TAタイピングB」をそれぞれ別々に設置する必要があります。

  • 具体的に、上に表示する文字、下に入力途中の文字

TAタイピングA編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
表示速度01005

テキストオブジェクトに(A)を適用し、すぐ下のレイヤーに別のテキストを配置&(B)を適用して下さい。

TAタイピングB編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
-横幅02560
太さ02561
color0xffffff

テキストオブジェクトに適用して下さい。(B)のテキストには適当なアルファベットを入力すると、そのアルファベットが一瞬表示されます。

◇表示速度編集

テキストの表示速度を指定します。数値は1秒間に表示される文字の数を表します。

◇-横幅編集

カーソルの横幅を指定した値だけ短くします、

◇太さ編集

カーソルの太さを指定します。

◇色編集

カーソルの色を指定します。

TA円形編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
距離02000200
拡大率0800100
回転-3603600
文字数-2002000
外向き

文字を円形に並べる効果です。「文字数」を調整することで、アーチ状っぽくできます。

◇距離編集

円の半径を指定します。

◇拡大率編集

円全体の拡大率を指定します。

◇回転編集

円全体を回転させます。

◇文字数編集

ゼロのときは円状に均等に配置されますが、これを調整し円弧状に配置するようにできます。

◇外向き編集

チェックするとテキストの配置を外向きにします。

TA円形-カメラ編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
距離02000200
拡大率0800100
回転-3603600
文字数-2002000

3D的な「円形」を表現できる効果です。

「カメラ制御」と併用する必要があります。

◇距離編集

円の半径を指定します。

◇拡大率編集

円全体の拡大率を指定します。

◇回転編集

円全体を回転させます。

◇文字数編集

ゼロのときは円状に均等に配置されますが、これを調整し円弧状に配置するようにできます。

TAランダム拡大編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
拡大(小)0800120
拡大(大)0800500
閾値(小)0100501
閾値(大)0100901
Dialog
切替時間[s]0.01

既に表示されている文字がランダムで拡大表示される効果です。

◇拡大(小)編集

小さく拡大する場合の拡大率を指定します。

◇拡大(大)編集

大きく拡大する場合の拡大率を指定します。

◇閾値(小)編集

小さく拡大する頻度を指定します。

  • まず、拡大(大)の判定がなされ、次に拡大(小)の判定がされます。
  • なので基本的に「閾値(小)<閾値(大)」という関係になるように設定して下さい。

◇閾値(大)編集

大きく拡大する頻度を指定します。

◇切替時間[s]編集

ランダムに切り替わる時間間隔(秒)を指定します。

  • 例えば、切替時間=0.5と設定すると、0.5秒ごとに拡大するかどうか判定されます。

TAバラバラ編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
速さ01000200
座標範囲080050
拡大範囲080050
回転範囲018030
Dialog
初期位置 ON
Z軸方向 OFF
乱数0

文字がバラバラに崩れていく感じの効果です。

◇速さ編集

テキストの移動や回転の速度を指定します。

◇座標範囲編集

テキストがバラバラになる座標の範囲を指定します。

◇拡大範囲[+%]編集

テキストのランダムな拡大率の範囲を指定します。

◇回転範囲編集

テキストの回転角度の範囲を指定します。

◇初期位置編集

チェックすると初期位置がバラバラの状態になります。

◇Z軸方向編集

チェックするとZ軸方向にも移動するようになります。

◇乱数編集

ランダムに設定された結果を、別のランダム結果に変更します。

  • 数値は適当な整数を入力すればよいので、好みのランダム結果が表示されるようにいろいろ試すとよいかもしれません。

TAバラバラ2編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
間隔[s]050.5
座標範囲080050
拡大範囲080050
回転範囲018030
Dialog
Z軸方向 OFF
乱数0

一定時間毎に、全ての文字が崩れる感じの効果です。

◇間隔[s]編集

ランダムが切り替わる時間間隔(秒)を指定します。

◇座標範囲編集

テキストがバラバラになる座標の範囲を指定します。 ===◇拡大範囲[+%] テキストのランダムな拡大率の範囲を指定します。

◇回転範囲編集

テキストの回転角度の範囲を指定します。

◇Z軸方向編集

チェックするとZ軸方向にも移動するようになります。

◇乱数編集

ランダムに設定された結果を、別のランダム結果に変更します。

  • 数値は適当な整数を入力すればよいので、好みのランダム結果が表示されるようにいろいろ試すとよいかもしれません。

TAランダム編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
散逸度010050
X速度020050
Y速度020050
拡大/透明も変化

ランダムに飛び散って行く感じの効果です。

◇散逸度編集

テキストの散らばる度合いを指定します。

  • 直線移動などでゼロに移動させると、散らばっている状態から収束するように移動させることが出来ます。

◇X速度,Y速度編集

X,Y軸方向の移動速度を指定します。

◇拡大/透明も変化編集

チェックすると拡大率および透明度も変化するようになります。

TAランダム-カメラ編集

トラック最小値最大値初期値刻み単位
散逸度010050
X速度020050
Y速度020045
Z速度020055
Dialog
X軸範囲0.5
Y軸範囲0.5
Z軸範囲0.5
拡大/透明 OFF

文字を3D的にランダム配置できる効果です。

「カメラ制御」と併用する必要があります。

◇散逸度編集

テキストの散らばる度合いを指定します。

  • 直線移動などでゼロに移動させると、散らばっている状態から収束するように移動させることが出来ます。

◇X速度,Y速度,Z速度編集

X,Y,Z軸方向の移動速度を指定します。

◇X軸範囲,Y軸範囲,Z軸範囲編集

各軸方向の散らばる範囲を指定します。

◇拡大/透明編集

チェックすると拡大率と透明度もランダムに変化します。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。